「ホームページの集客には何が必要」ページのヘッダー画像
Home >condition_improvement

ホームページで集客を増やすために必要な要件をまとめてご説明しております。

 ホームページでの集客をプレゼンテーションとして捉えると、必要なものが見えてきます。

 今やたくさんの企業さんや個人の方が運営するホームページですが、ホームページを作り、商品やサービス、または会社や個人の活動内容などを広く伝え、ユーザーからの何某のアクションを求めることが目的であるならば、ホームページ内にそれらを達成させるための要件を正しく整える必要があります。『勢いあまってペナルティ』とならないためにも、是非参考にしてみてください。

 このページでは、ホームページでの集客という部分について、必要な施策、考え方などを、パソコンやインターネットが苦手な方でも理解しやすいように、専門用語を極力使わず、日常での体験を例に挙げながらご説明しておりますので、楽しみながら読み進んでいただければと思っております。

「サイト情報は言葉が難しくて分かり難い」を伝える画像(PC)

ホームページやSEOに関する情報は言葉が難し過ぎて、よく解からない

 ホームページ(※1)を用意して、いざ商品やサービスを多くのユーザー(インターネットを見てる人のこと)に知ってもらい、更には購入してもらおうと考えている方は大変多くおられると思います。
そして、高い費用や時間を費やして揃えたホームページで自信を持って商品やサービスを提供し、売上を上げようと計画したものの、どうも様子が違う・・・そういうサイト運営者(※2)さんも多くおられるようです。

 『何故、計画通りに集客に至らないのか』『自分のホームページは何が悪いのか』その原因をネットや書籍で調べてみると、そこには今まで聞いたことのない摩訶不思議な言葉がたくさん並んでいて、余計に解からなくなってしまったというケースも多々あるようです。インターネットやSEOなどに関するネット上、書籍の情報はとてもよく書かれているものが多く存在します。
しかし、それらが持つ最大の問題は使われている言葉が難し過ぎて、何を言っているのか解からないということにあるようです。

 これらはまさに「ホームページで商品やサービスを多くのユーザーに提供しようとしているが、なかなか上手くいかない・・・」という状況と同じと言えます。
ユーザーに商品やサービスを提供する場合は、先ずはその商品やサービスが何なのかということを、知識が無い人でも理解できるように説明する必要があります。難しい専門用語やアルファベットの羅列は商品知識の無いユーザーを混乱させ、せっかくの商品やサービスに対する興味を薄れさせてしまいます。

※1【ホームページ】インターネット上に公開されるWEBサイトに属する情報ページの呼称のひとつ。元来ホームページとは情報ページをまとめたWEBサイトの1番最初のページを指すが、一般的には情報ページ全体を表す。
※2【サイト運営者】ホームページを用意して実際に運営している人。サイトオーナーとも言う。運営と管理を兼務している場合もあるが、管理を外注するケースもあるため、サイト管理者とは分けて考える。

今やSEO内部施策はできていて当たり前、SEOだけではユーザーの共感を得ることはできません

 SEOという言葉がホームページの世界に浸透して随分と年月が経過していますが、特に2013年辺りを境に、SEO内部施策(※3)に関し、様々な情報が流布されています。その中には、本当に有意義なサイト情報もありますが、一方では他サイトからの情報流用だけで作られている受け売りのサイトも存在します。もうこうなってしまっては何を信じて良いか解からないというのが実状ではないでしょうか?

 しかし、自身のホームページを検索上位に表示させ、アクセスを増やして売上を上げるには、解からないとばかりも言ってはいられません。
確かにSEO内部施策は心得が無い方にはハードルが高いと思います。聞きかじりの知識で施策を行ってしまうと、最悪の場合はホームページが圏外に追いやられる、またはそれ以上の対策(ペナルティ)を受けるおそれもありますので注意が必要です。それならば、信用できる業者に依頼することが無難で、結果的にも得策かと思います。
業者の選定については豊富な知識と経験を持つ業者が一番ですが、費用や予算の都合もあると思いますので、その辺りも含めて善良な業者を探す必要があります。
少なくとも、自サイトを所有していて、最新のグーグルアルゴリズム(※4)、グーグルによるポリシーやガイドのアナウンスを常にチェックし、自サイトでの検証結果を有する「現実に則した真の情報を持つ業者」が望ましいと思います。

 SEO内部施策は外注するとして、それだけで商品やサービスが売れるようになるのかと言いますと、実際はそう甘くはありません。
SEO内部施策というものは、ユーザーの検索に対してホームページを上位に表示させるためだだけのものですので「ユーザーの目に留まりやすい=アクセスしやすい」という確率を狙った施策に過ぎません。首尾よくホームページが上位に表示されたからといって、必ずアクセスが発生するとは限りませんし、ホームページにアクセスされたからといっても、そのユーザーが商品やサービスを必ず購入するとは限りません。

 例えば、実店舗で今日売りたい商品を店先に置いただけでその商品は売れるでしょうか?おそらくお客さんは他の魅力的な商品を探しに行ってしまうはずです。店先に置いた今日売りたいと思う商品を売るには、その商品をより魅力的に見せる工夫と努力が必要となります。それは「単に安い」というだけでは用は足りず、お客さんが是非とも買いたくなるような仕掛けが必要となります。
 ホームページで商品やサービスを売るためには、先ずはその商品に本当に価値があるのかどうか、需要はあるのかを見定め、多くの情報を元に確信が得られれば、次は多くのユーザーにホームページを見てもらい、更に商品やサービスの良さを解かってもらう、共感してもらう努力と工夫が必要となります。

※3【SEO内部施策】ホームページをユーザーが使用する検索キーワードに対して優位な位置で表示するための内部的な施策。主にコーディング(SEOの文法に沿ったコードの記述)とコンテンツ(ページの内容)の質の向上を指す。
※4【グーグルアルゴリズム】グーグルが検索エンジンを介してインターネット上に優良なWEBサイトを提供するために開発したWEBサイトを評価するための数式

ホームページで販売する商品やサービスを決める際の注意点(需要と価値)

 ホームページで商品やサービスをユーザーに提供する場合、先ずはその商品やサービスの確かな市場価値や需要を調査する必要があります。ホームページでそれらの販売を開始したものの、一向に購入者が現れないというケースは大変多くみられます。そうなってから慌てたのでは手遅れですので、販売前にその商品やサービスを多くのユーザーが求めているか(期待)、そして既に市場に溢れてはいないか(需要と供給)の面を現実的、且つ客観的に調査することが大切です。

よくあるパターンとしましては、とても斬新な商品やサービスだと思って早々に販売に手を出してしまい、夢中になって走ってしまうことで冷静さを失い、あたかも既に成功に向かっているかのような錯覚を起こし、現状が見えなくなってしまう。また「イケる」と思い込んでしまい問題点の洗い出しを疎かにしてしまった結果、思いもよらない結果を招いてしまう、といったものが見られます。これはホームページに限らず、実店舗での販売でも有り得ることです。何れにしましても、在庫を抱えたり、初期費用をかけたりしていなければまだ良いのですが、マイナスを発生させてしまうと、次の販売にも影響を与えてしまいますので、商品やサービスの選定は慎重になった方が良いと思います。

 しかし、ニーズが低い商品やサービスの場合は、購買層として限られた特有のユーザーの存在も有り得ますので、予めそのようなターゲット狙いの場合は、極めて少ない反響になる可能性はありますが、必ずしも失敗とはいえません。

 このように、何を誰にどうやって販売するかということを『メンタルモデル』(ああなったら、こうなるという事前の想定)といいますが、確かなメンタルモデルの元に販売を行うのであれば、例え販売数が少なくてもそれはそれで当初のイメージに沿ったものですので、その販売策は成功ということになります。
逆に、多くの販売を想定していたにも関わらず、結果が散々だった場合は、メンタルモデルの段階で失敗していたということになります。

このページは、後者にみられる失敗を生まないためにも、是非お読みいただければと思っております。

商品やサービスの概要ばかりを押し付けずに、ユーザーが知りたい情報も提供する

 販売する商品、サービスの吟味と、それらを誰にどのように販売するかということが固まりましたら、次は販売のための表現方法に移ります。最初に思いつくのは、その商品、サービスの概要、即ち大きさや重さ、機能や外観上の特徴といった『数値や形状で表せる部分』の紹介、いわゆる通販カタログの表記方法です。通販カタログの場合は、多くのアイテム郡の中からその商品やサービスが持つ機能を探しているユーザーには有効な広告です。しかし、単独で販売する場合、その方法では少々手薄となります。

 ユーザーが新たな商品やサービスを探す行動は、何某の理由があってのものですので、その理由をよく考える必要があります。しかも、理由はひとつとは限らず、100人いれば100通りかもしれません。

 例えば、最新式のドライヤーの購入を検討しているユーザーを例に挙げますと、あるユーザーは今のドライヤーが重いから買い替えたいと思っているかもしれませんし、また別のユーザーは機能が不足しているので最新型が欲しいのかもしれません。初めてドライヤーの購入を検討しているユーザーもいるかもしれませんし、はたまた家族の誕生日用のプレゼントとして検討しているかもしれません。
ドライヤーひとつとってみても、購入側の事情というものはいくつも想定することができます。しかしそれら全てに合わせることは不可能ですので、販売側がそのドライヤーの機能や特徴からどのようなユーザーに向いているかということを見極める必要があります。
そのようにして購買層を絞り、アプローチするわけですが、購買層を限定してしまうと販売域が狭くなってしまいますので、次に考えることは『気付きを与える』ということです。

 人から提供された情報は忘れ易く、興味も薄くなりますが、自分が気付いたことは忘れにくいものです。ユーザーに気付きを与えるには、そのドライヤーのスペックや機能を伝える前に、ドライヤーというアイテムについての説明、ドライヤーの上手な使い方、誤った使い方、よくある故障の原因、ドライヤーにまつわる面白い話など、ドライヤー全体をテーマとした記事を用意して、ユーザーの興味を引き付けることがポイントとなります。
そのようにして、徐々に距離を詰めることで初期信頼関係(ラポール)が形成され、ホームページ全体の信頼度が高まります。
そうするうちに、『もしかしたら、このドライヤーでもいいのかもしれない』『このドライヤーを使ってみようか』という気持ちの変化も有り得ます。

 売れないホームページの運営者さんが犯すミスは、『こんなこと既に知っているだろう』や『今更、こんなこと当たり前』といった思い込みから、ユーザーが欲しい情報を自ら省いてしまっていることです。ユーザーは販売側が自分に協力してくれるのか、くれないのかを常に計っているのです。

SEO内部施策はテキスト優先、ユーザーは画像とキャッチコピーで惹きつける

 SEO内部施策は「検索エンジン最適化」という施策ですので、相手は検索エンジン(※5)ということになります。検索エンジンは高性能なロボット(AI/人工頭脳)ですが、人間と同じように画像やニュアンスを完全に識別し、理解することはできません。特に日本語でのニュアンスの伝達は現在でも理解が困難ではないかと思われます。

 検索エンジンの仕事は、数あるホームページの中からどのホームページがユーザーの検索に対して表示するに値するか否かをジャッジすることです。それらは基本的にテキスト情報で行われています。画像についてもスコアリングの対象になってはいるようですが、それはどちらかというと、同じ画像の使い回し、既に多くのホームページで使われているフリー素材に対しての低評価といったネガティブなものと捉えておいた方が良いような気がします。画像検索という検索方法もありますが、これは画像を多く使っているから検索にヒットしやすいというものではありません。
SEO内部施策はテキスト情報を主として行った方が間違いないと思われます。

 一方、ユーザーに対して訴求効果を計る場合は、画像やキャッチコピーで惹きつける方法が得策と思われます。人間の情報収集は80%が視覚によるものと言われていますので、先ず最初は売りたい商品やサービスを視覚に訴えてPRすることで、ユーザーの興味を引き寄せることが可能となります。
しかしここで問題なのは、画像であれば何でも良いということではないということです。使う画像によってはマイナス広告になってしまうこともありますので、素材は厳選して使用した方が良いと思います。

 次にキャッチコピーですが、これはなかなか素人にはハードルが高く、回りくどい妙な表現や、他に説明が必要な複雑なキャッチコピーを使用してしまうと、せっかくの商品やサービスの質自体を損なってしまうおそれがありますので注意が必要です。心得の無い方はあまり無理をせずに、専門家に依頼した方が良いと思います。
高い費用を出さなくても、マッチングサイト(※6)などで安価で協力者を見つけることも可能です。しかし、既に巷で使用されているようなフレーズは避けた方が良いと思います。

 ホームページで商品やサービスを提供する場合は、検索エンジンに対してのテキスト情報と、ユーザーに対しての視覚情報、イメージ伝達をバランス良く行う必要があります。どちらかに偏ってしまうと、検索順位、訴求効果の双方が得られなくなってしまいます。

※5【検索エンジン】ホームページを検索する際に使用するプログラム。「サーチエンジン」とも呼ばれる。主にグーグルの検索エンジンが使用されているが、グーグルはロボット式(人工頭脳)の検索エンジンを使用している。
※6【マッチングサイト】制作者を探す依頼者と、仕事を探す者とを結びつけるサービスを行うサイト

フリー素材を利用してバナーを作り、キャッチコピーを添えたサンプル

 無料で使えるフリー素材でも、複数の画像組合わせたり、配置を工夫したりすることで他のサイトとの差別化が図れます。
また、キャッチコピーは全てを表現してしまわないように注意します。ホームページを訪れるユーザーは様々な希望や要望を持っていますので、其々に其々が持つイメージを誘う部分を残しておくとユーザー層が広がりやすくなります。
デンタルクリニックのバナーとキャッチコピー/サンプル
不動産販売のバナーとキャッチコピー/サンプル
焼き鳥店のバナーとキャッチコピー/サンプル

ユーザーが使用すると思われるキーワードを選考し、ページ内に自然な形で盛り込む

 提供する商品やサービス情報を多くのユーザーの元に伝達するには、そのユーザーが検索時に使用すると思われる検索キーワード(※7)を想定し、選考する必要があります。検索キーワードが決まったらそれらを<title>や記事内に盛り込むことになりますが、不自然な形で過度に盛り込んでしまうと、検索エンジンにスパム(※8)として扱われる可能性がありますので、注意が必要です。検索キーワードが決まったら、次はそれらをページ内に自然な形(文章)で盛り込みます。

 検索キーワードのページ内への盛り込みは慎重に行う必要があります。
よく見るケースとして挙げられるのは、<meta title>(※9)に必要以上の単語を列記するケースがあります。色々と記述したくなる気持ちは分らないでもありませんが、この部分はホームページ、または各ページの内容を要約したものに限られます。逆に言えば、記事の内容と整合しない単語を記述しても意味が無いということになりますが、注意する点は、本来必要な単語までもが検索エンジンに無視されてしまうということです。<meta title>は検索エンジンにホームページや各ページの主旨を簡潔に伝えるためのものです。そして、検索エンジンはロボットですので、商品やサービスの売り込みには興味を示しません。興味を示すのはホームページや各ページが何をしているものなのかということだけです。

<meta title>の悪い例
新鮮野菜を買うなら〇〇青果店、キャベツ、キュウリ、トマト、ニンジン、〇○市、〇○市、〇〇市、〇○市
この<meta title>の場合、ユーザーには主旨が伝わりますが、ロボットである検索エンジンには何をしているホームページなのかが正しく伝わりません。

正しくは、
新鮮野菜を販売する〇○市の〇○青果店です。

もう少し加えるなら、
鮮度重視、新鮮野菜をお手頃価格でご提供する|〇○市の〇○青果

 ホームページと紙媒体(チラシやDMなど)との大きな違いは、紙媒体は印刷した内容がそのままユーザーの元に届けられますが、ホームページの場合は、1度検索エンジンを経由する必要があるということです。先ずは検索エンジンが理解しやすい形で正しい情報を提供しない限りは、ターゲットとなるユーザーの元にページが表示されないということを、よく理解する必要があります。
例えば、タクシーに乗った時に、運転手さんに正しく行先を伝えなければ希望する場所まで連れて行ってもらえないということと同じです。地名の一部が違っているだけでも、タクシーは違う行先に向かってしまうことがあります。

 ページ内への検索キーワードの盛り込みはとても重要です。しかし、グーグルのポリシーやガイドを無視した悪意のある盛り込みはホームページ自体の評価を下げ、検索結果、即ちユーザーへの表示順位にマイナスを発生させてしまいますので、闇雲に検索キーワードを盛り込むことは避け、全体的な整合性を維持しつつ、自然な文章で記事を作成することが必要となります。

※7【検索キーワード】ユーザーが検索時に使用する単語や連語、熟語のこと。検索クエリともいう。
※8【スパム】以前は一定の単語をページ内に多数羅列する行為を指していたが、昨今では範囲が広がり、ホームページを運営する上で、グーグルのポリシーに反する行為全般を指す。ユーザーを困惑させたり、欺罔する行為は重大なスパムとなる。
※9【<meta title>】ホームページの中の情報部分に記述する30文字程度の短い文章のこと。

検索エンジンの性質を理解した文章力が必要

 少々難しい話になりますが、検索エンジンはロボット(AI/人工頭脳)ですが、一般的に人工頭脳は『形態素解析』という方法で言語を理解していると言われています。形態素解析を簡単に説明しますと、人間が使う言語を品詞毎に分解した形で文章として構成することです。
こんな説明では何だか良く解からないと思いますので、もう少し噛み砕いて説明したいと思います。

 ここでは人工頭脳全体ではなく、グーグルの検索エンジン(人工頭脳)に対しての言語理解能力を検証した結果をご説明します。
結果的には、グーグルの検索エンジンは一般的な人工頭脳よりも少しクセが強いような気がします。何故なら、グーグルの検索エンジンは英語圏でプログラムされている上に、高度な自己学習能力も備えているため、曖昧な日本語の文章や「ニュアンス」といった、掴み辛い文章については、少し違和感があるように思えます。
そんな事を言っていると、記事(テキスト)が書けなくなってしまいそうですが、文法上の致命的な問題はありません。

それでも注意が必要なのは、指示語が使えないということです。
指示語とは・・・
例えば、『昨日A君はB君と散歩に出かけました。その途中でCさんとバッタリ出くわしました。その時A君はCさんに、さっきはありがとうとプレゼントの御礼を言いました』という文章の中で、「その」や「その時」「さっき」という部分が指示語となります。
検索エンジンはこれらの指示語が何を指しているかということをあまり正しく理解できないように思えます。他にも、『失敗しないための行動』といった文章を形態素解析すると「し」と「ない」が別々の助動詞となり、「し」は「する」を指し、「ない」は「するの否定」となりますので、検索エンジンの日本語理解能力では、するのかしないのかが曖昧な状態になってしまいます。このような場合『失敗しないために行動をする』という解釈になってしまいますので、本来の意味からずれてしまいます。

 結果的には指示語を極力使わない文章が理想となりますが、その場合、人間が読むと少しくどい印象になってしまいます。その辺りを上手にライティングする必要がありますので、検索エンジンの性質や形態素解析を知らないライターさんでは難しいと思われます。
検索エンジンにとって曖昧な日本語を使用する場合は、テキストではなく画像で表記した方が良いかもしれません。

ホームページで集客を増やすために必要な要件のまとめ

提供する商品やサービスについて、先ずはサイト運営者自身が内容をしっかり把握する。
提供する商品やサービスの市場価値と需要の状態を正確に把握する。
市場価値や需要が薄れている場合は商品、サービスの選定を見直す。
ある特定のユーザー層向けの商品やサービスを提供する場合は、インターネット上でそのユーザー層がいるエリアを定めてアプローチする。
検索エンジンに対してはテキストを重視し、ユーザーに対しては画像やキャッチコピーを併用して訴求効果を高める。
商品やサービスについて、サイト運営者が伝えたいことがユーザーが知りたいこととは限らないということを理解する。
提供する商品やサービスの概要に留まらず、その商品やサービスの全体的な情報も提供する。
提供する商品やサービスを求めているユーザー、将来的に求めるであろうと思われるユーザーが検索に使用すると思われる検索キーワードを選考する。
選考した検索キーワードを自然な形(文章)でページ内の各所に正しく盛り込む。
検索エンジンの日本語理解能力を考慮した文章構成を心がける。

◆ご自身のホームページがなかなか検索に乗らないなどの問題を抱える運営者さんへ

●ご自身のホームページが予定していたキーワードで上位表示されない
●社名でも検索にヒットしない
●SEOについての知識をほとんど持っていない
●ホームページ制作を依頼した制作会社がなくなってしまった
●SEOを誰に頼んで良いかわからない

上記のようなホームページ運営者さんがいらっしゃいましたらSEOに関して無料で診断致します。

ご希望の方は下記アドレスまでメール、またはメッセージフォームからご連絡願います。

※件名は『HP無料診断』として頂き、本文にはご担当者さまのお名前、対象サイトのURLを記してください。

E-mail/seo-ux@fukusen-design.com
【福泉デザイン】 高 橋  輝
千葉県市川市新田2-28
当サイトに記述されているテキスト等の引用、流用は固くご遠慮願っております。Hold The Copyright(C)2016 Fukusen-Design