「ワードプレスはSEOに強いという情報について」のページのヘッダー画像
Home >ワードプレスとSEOについて

ワードプレスはSEOに強いという情報の正否をご説明しております。

【ワードプレスがSEOに強いと言われる理由と、誤った解釈の部分】

 ややこしいソースコードの知識を有せずに簡単にホームページが作れるワードプレスへの需要が高まっておりますが、一部のサイトに『ワードプレスはSEOに強い』といった情報が見られます。それらが尾ひれを付けながら更にネット上に広まる中、私のところにも『ワードプレスでホームページを作れば、それだけでSEOに強い自サイトが持てるのか??』といった質問が多数寄せられています。
そういった傾向を踏まえ、このページではワードプレスとSEOについて解かりやすくご説明いたしておりますので、これからワードプレスの利用をお考えの方、現在利用中であまり成果が実感できていない方など、是非参考材料としてお読みいただければと思います。
「サイト情報は言葉が難しくて分かり難い」を伝える画像(PC)
ワードプレスの概要
 ワードプレスは2003年に登場したブログ用のソフトウェア(プログラム)です。構成的には、サーバ内のデータベースを介してインターネット上に公開され『動的サイト』のカテゴリーに属されます。

動的サイトはブラウザ上で画像などが「動く」という意味ではなく、サーバ内のデータベースに収められたファイル群をユーザーのアクセス(用途)に合わせて形にする(生成する)という意味を持っています。
ブログ用に開発されたワードプレスですが、今では個人、企業のホームページにも使用されています。

動的サイトと静的サイトの違い
 動的サイトはphpというプログラム形式のファイルを使用し、静的サイトはhtmlというテキスト形式のファイルを使用するところがホームページ制作上の大きな違いです。そしてもうひとつ、動的サイトであるワードプレスは必要なファイル群をサーバにインストールし、「ログイン」してページを作り、更新(アップデート)することでインターネット上に公開されることになります。一方、静的サイトは手元のパソコン側でページを作り、それらをサーバに転送することでインターネット上に公開されます。

動的サイトと静的サイトのページ制作上の違いを理解することで、ワードプレスのSEOに対するメリットとデメリットが理解できますので、このページではそれらを基にご説明したいと思います。

ワードプレスのメリットとデメリットを示す画像(PC用)
ワードプレスのメリットとデメリットを示す画像(MB用)

『ワードプレスだからSEOに強い』ということはありません。

 結果から先に述べますと『ワードプレスを使用したホームページだからSEOに強い』ということは有り得ません。
グーグルは動的サイト、静的サイトに関わらず、どのようなテンプレート、ソフト等を用いて制作されたホームページであっても平等に評価しています。

実際に、グーグル公式ヘルプフォーラムでウェブマスタートレンドアナリストのジョン ミューラー氏は『ワードプレスで制作したホームページ(動的サイト)よりも、エディタでの手書きによって制作したホームページ(静的サイト)を上位表示しているか?』といった内容の問いに対して、
『ワードプレスで作成されたページは、テキストエディターで手動で作成されたページと比較して特別なものはありません。』と回答しています。
グーグル公式ヘルプフォーラム/ジョン ミューラー氏 2019,5/2

ユーザーの検索に対して自分のホームページが上位表示されるか否かは、何で作られているかではなく、どのように作られているか、ということが重要だということです。

なぜ、ワードプレスがSEOに強いという『風説』が広まってしまったのか・・

 どのように作られたホームページであってもグーグルには平等に評価しているのに、どうしてワードプレスはSEOに強いという情報が巷に広まってしまったのでしょう・・・
答えは簡単です。
それは、ワードプレスには(※1)SEOのためのプラグインが存在しているからです。

ここまで聞くと『やっぱりワードプレスはSEOに強いんだ』と思ってしまいますが、残念ながらSEOのためのプラグインを導入しただけでは何の効果も得ることはできません。それよりも、使い方によっては逆効果になってしまうケースもあります。

動的サイトでも静的サイトでも、SEOを意識する場合はそれ相応の施策が必要となります。
ワードプレスの場合は、テーマをインストールしてページを作っていくのですが、デフォルトの状態ではSEOに必要な項目が用意されていません。そのためプラグインを導入し要件を整えていくわけですが、そのプラグインを正しく使用しないと効果を得ることはできません。

『プラグインが存在する』『そのプラグインを導入した』『項目を埋めた』というだけではSEOの要件を満たしたことにはならないのですが、プラグインが存在し、誰でも比較的簡単にSEOの知識がなくても所定の項目を埋めることができるというたったそれだけの理由で『ワードプレスはSEOに強い』という風説がインターネット上に当たり前のように広がり、いつの間にか定着してしまったということのようです。

※1【SEOのためのプラグイン】ワードプレス用に用意されているSEOに必要な項目を備えたプラグインで『Yoast SEO』『All in One SEO Pack』を筆頭に、その他いくつかのプラグインがあります。

『SEOに強い』という表現は、商用的な目的が濃厚です。

 元来、SEO(検索エンジン最適化)というものは強度で表すものではなく、範囲と濃度で表すものです。
同じような表現に『雨に強い』『熱に強い』『雪に強い』といったものがありますが、これらは外部からの抵抗に対して強いという意味を持っているものです。また『法律に強い』『数字に強い』『語学に強い』という表現もありますが、こちらはそれらに対して高い知識を持っている人に対する表現方法です。

SEOは外部からの抵抗ではなくホームページを運営するうえでの目的のひとつですので、何かを強化して対策するのではなく、必要なものを積み重ねていくという施策になります。この『対策』と『施策』という部分に大きな違いがあります。そして、SEOの知識を有する人間に対して『SEOに強い』という表現が適用されるのです。

『ワードプレスはSEOに強い』という表現は、ワードプレスを使用したホームページ制作を販売する際のセールストークであって、実際はワードプレスでなくてもSEOに適したホームページは制作できるわけですので、惑わされることがないように注意した方が良いかと思います。
強いて言えば、コーディングの知識を要する手書きエディタでの、何のSEOも行っていない静的サイトよりも、プラグインの使用で正しくSEOが行われているワードプレスの方が効果的であるということは有り得ると思います。しかしこれは逆も有り得ることです。

『ワードプレス使用した』というだけでは、検索高順位の獲得は不可能です。

 ワードプレスでホームページを作る場合は、デフォルトのテーマを選択し(またはオリジナルテーマを作る)、そのテーマを使用してページを作っていくことになるのですが、SEOを考慮する場合、デフォルトのテーマのままではSEOの要件を整えることができないため、通常はプラグインをインストールし、要件を整えます。しかし昨今のグーグルアルゴリズムに照らした場合、プラグインで対応できる項目はほんの一部であり、実際は更に細かな設定が必要となる上に、<h1>の配置設定、その他の<hタグ>の設定など、使用するテーマによってはプラグインの設定が逆効果となる場合もあります。

ここまではSEOに必要なコード上の設定(形式的な設定)となりますが、それらに加えて『コンテンツの質』がSEOにとって大きなウエイトを占めていることも理解する必要があります。

結局のところは、ワードプレス(動的サイト)でも手書きのHTML(静的サイト)でも、コード上の正しい設定は必須であり、更にコンテンツの質も考えなくてはなりませんので、どちらも同じ条件下にあるということになります。
しかし、ワードプレスの場合はプラグインを使用することでソースコードの知識がなくても項目を埋めることができてしまうため、入力したタイトル等がグーグルが推奨する形に則っていない場合は、逆効果を生んでしまうことが多々ありますので、ワードプレスを使用する場合は注意が必要となります。

考え方によっては『SEOのプラグインを導入し、必要項目を埋めただけ』であっても、ワードプレスで作ったホームページだから問題ないと安心し、SEOの成果を期待してしまうことこそが、ワードプレスを使用するデメリットなのかもしれません。

◆ご自身のホームページがなかなか検索に乗らないなどの問題を抱える運営者さんへ

●ご自身のホームページが予定していたキーワードで上位表示されない
●社名でも検索にヒットしない
●SEOについての知識をほとんど持っていない
●ホームページ制作を依頼した制作会社がなくなってしまった
●SEOを誰に頼んで良いかわからない

上記のようなホームページ運営者さんがいらっしゃいましたらSEOに関して無料で診断致します。

ご希望の方は下記アドレスまでメール、またはメッセージフォームからご連絡願います。

※件名は『HP無料診断』として頂き、本文にはご担当者さまのお名前、対象サイトのURLを記してください。

E-mail/seo-ux@fukusen-design.com
【福泉デザイン】 高 橋  輝
千葉県市川市新田2-28
当サイトに記述されているテキスト等の引用、流用は固くご遠慮願っております。Hold The Copyright(C)2016 Fukusen-Design